防鳥単線ネット 3つの特徴

MAX奈良 防鳥単線ネット

対策場所はベランダひとつから承っております。マンション・工場・ビル、一軒家などあらゆる環境での対応が可能です。

net_01

美観を損ねにくい特殊ネット当社は0.8mmのとても細い特殊ネットを採用し、空間色(黒)のネットは風景と一体化しお部屋からの眺め・美観を損ねません。この空間色はヒトからは見えづらく鳥類からは認識しやすくなっています。 建物の外観もお客様の大切な資産の一つです。大切な資産価値を極力損ねる事のないよう、最適なプランをご提案いたします。
鳥よけ単線ネット

景観に溶け込む特殊ネット

下の写真をご覧ください。
良く目を凝らしてもネットがわからない程、ネットが景観に溶け込んでいるのがおわかりいただけるかと思います。美観を損ねる事なく、物理的にハトの侵入をシャットアウトします。
net_04
net_05

net_06

上記の施工はマンション一棟まるごと対策するワイヤー工法ですので、ベランダに布団を干したりアンテナ設置も従来通り行って頂く事も可能です。

白が一番目立たない?

では、一般的にホームセンターで販売されている白や緑のネットはどうでしょうか?


net_07
黒色の特殊ネットは材質劣化の原因である紫外線を透過しません。さらに材質がポリエチレン製なので耐候性に優れ、約10年はお使いいただけます。

net_08

当社は様々な建物の防水工事・外壁改修工事に携わってまいりました。様々な工法に精通したスタッフが、建物の状況に応じて柔軟に対応いたしますので、大規模なビル・マンションなどへの施工・アフターメンテナンスも安心してお任せください。

安心アフターサービス

net_09
従来のネットは太く重量があるため、ベランダ外壁にアンカー打設等の下穴をあける必要がありました。当社の特殊ネットはほとんど重さを感じない程の軽量で、ベランダ単体施工であれば建物躯体へ穴を開けない「接着工法」で施工する事が可能です。
施工時の騒音もなく施工時間もスピーディ!設置後も建物躯体を傷める心配もなく、漏水・資産価値の低下などの問題が発生しません。
net_10

わずかな隙間も見逃しません

net_11

小さな隙間が1ヶ所でも存在すると、ベランダ全体の防鳥効果が台無しになってしまいます。プロの目線で無駄なく必要最低限にポイントを絞りながらも、完全にハト類をシャットアウトするプランニング施工をいたします。

外壁に合った固定具で施工します

net_12

より目立たない施工をするために、固定具は5パターンの配色の中からお選びいただけます。

対策の流れ

お問合せ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

info_01info_02

豆知識

  1. main05
  2. 白色が一番目立たない?
ページ上部へ戻る